読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【千葉・船橋】明るいトウリーディングサロン ~かおりちゃんの部屋~

千葉県船橋市のサロン『フェリール』のかおりちゃんです。あなたは心にモヤモヤしたことはありませんか?家族にもお友だちにもお話できない。でも、自分でもどうしたらいいのかわからない。そんなときは、ぜひ当サロンでお話しませんか?あなたのモヤモヤの原因を知っているのはあなた自身。私はお話をお聞きするだけ。自分で自分の心を『知って』、『気付いて』、『考えて』、『許して』、『受け入れて』…。たった2時間のセッションで、驚くほどガラリとあなたの心が変わるかもしれません。

【リオオリンピック記念】女子選手と子宮の話。

心の知識

こんにちは(*^▽^*)

 

千葉県船橋市の

足&耳専門スクール・サロン

FeeRire~フェリール~

渡部かおり(わたなべ かおり)です。

 

今日は、リオ五輪に関連して、

女子アスリートにスポットを当てたお話をしたいと思います。

 

 

『ウエイトリフティング銅メダリストの三宅宏美選手』
f:id:toereading:20160731124127j:image

おめでとうございます(*^▽^*)

 

 

私、『ジュニアアスリートをサポートするパパママリフレクソロジー講座』の講師をやっているのですが、

女の子アスリート本人・ご両親・指導者の方へ向けて、お話したいテーマがあるのです。

 


それは、

 

 

『女子スポーツ選手と生理』について。

 

 

今、「え??(-_-)」と引きましたか?

男性の方は、「関係ないから読むのをやめようかな?」と思いましたか?

 

それが、すでに偏見なのですよ~。

 

 

ひと昔前に比べて、女性スポーツ選手人口はグンと増加しました。

ひと昔前は男性のスポーツだった『野球』、『サッカー』。

しかし現在、男子だらけだった部活に女の子が入部し、

男子に負けじと汗を流して練習に励み、

結果を出すようになってきていますよね。

 

なでしこJAPANのワールドカップ優勝、

さらに、ロンドン五輪銀メダルは本当に感動しました。

f:id:toereading:20160731124217j:plain

 

 

野球やサッカーに限らず、日々、スポーツに打ち込み女の子たち。

本当にたくさんの競技で活躍しています。
f:id:toereading:20160731124153j:image

でもね…。

今のスポーツ界って、本当に女性がスポーツをしやすい環境ですか?

 

男尊女卑になっていませんか?

 

 

10代前半から始まる第二次成長期。

女の子の最大の特徴として、『生理(月経)』がありますよね。

 

この生理。

なぜ『生理』というのかちょっと調べてみたのですが、一説によると、

『生理は、子孫を作っていく上で不可欠のことであり、

 その意味で最も重要な生理現象であるため、

 この言葉がそのまま使われるようになったのではないか。』

と言われています。

 

その最も重要な生理現象である生理(月経)ですが、

重い月経痛で寝込んだり、月経周期が乱れたり、月経が止まってしまうという

月経異常に悩む女子スポーツ選手は非常に多いです。

 

なぜスポーツ選手は月経異常が多いのか?

というお話は、長くなるので省略させていただきますが、

10代の私も月経異常に悩む選手の1人でした。

 

私の場合は毎月寝込む、そして吐くほど痛いという、

重い重~い生理痛でした。

辛くて辛くて、

『子どもなんていらない!

 生理なんて無くなれば良い!!』

とまで思っていましたからね。

(ごめんね、娘ちゃん。)

 

 

さらに衝撃的なアンケートがあります。

女子アスリートの指導者1000人にとったアンケートの一部です。

ほとんどが無月経。

 

 

生理がなくて当然。

 

 


はい??(怒)

 

 

何を言っているのかね?

 

生理がなくて当然?

 

10代の成長期の女の子に、

20代の出産適齢期の女性に生理がないのが当然ですって?

 

 

非常に残念なことですが、

このような指導者の元でスポーツをしている選手の子たちが、

『生理なんていらない!

 無くなればいい!!』

と思うのは当然のことなのかもしれませんね。

 

 

『生理のときは、何にもしたくないの~』
f:id:toereading:20160731124259j:image

 

私がトウリーディングのレッスンを受けたとき、

トウリーディングの先生が、こんなことをおっしゃっていました。

  

『子宮が拗ねていると、

 子宮の病気になりやすいよ。』

 

 

子宮がん、子宮筋腫、不妊、月経異常etc...

 

現役時代、月経異常で悩んだ女の子たちですが、

スポーツを引退した後も、子宮トラブルに悩む元スポーツ選手は多いのです。

 

 

子宮を愛してあげる♡

子宮をごきげんさんにしてあげる♡

 

 

不思議に思うでしょうが、この気持ちが大切なのです。

気持ち(心)が変われば身体もきっと変わります。

 

子宮に手を当てて、心に聞いてみてください。

 

あなたは、子宮を愛していますか?

 

~あなたが、あなた自身の人生を歩めますように~

それでは、また次回~(* ̄∇ ̄)ノ


********************

千葉県船橋市

足&耳専門スクール・サロン

FeeRire~フェリール~

渡部 かおり(わたなべ かおり)

 
【お問い合わせ】

http://schoolfeerire.jimdo.com/お問い合わせ/

電話 047-401-2940

mail info.feerire@gmail.com

 
【アクセス】

東武アーバンパークライン(野田線)

馬込沢駅下車 徒歩8分

********************