読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【千葉・船橋】明るいトウリーディングサロン ~かおりちゃんの部屋~

千葉県船橋市のサロン『フェリール』のかおりちゃんです。あなたは心にモヤモヤしたことはありませんか?家族にもお友だちにもお話できない。でも、自分でもどうしたらいいのかわからない。そんなときは、ぜひ当サロンでお話しませんか?あなたのモヤモヤの原因を知っているのはあなた自身。私はお話をお聞きするだけ。自分で自分の心を『知って』、『気付いて』、『考えて』、『許して』、『受け入れて』…。たった2時間のセッションで、驚くほどガラリとあなたの心が変わるかもしれません。

プリンセス・キャサリンとウオノメ

心の知識

こんにちは♪

【トウリーダー かおり】こと 渡部 かおり です。

 

昨日の『満足会』(下記ブログ参照↓↓↓)

http://toereading.hateblo.jp/entry/2016/04/12/222214

から、サロンオープンしました!

 

トウリーディング(足指占い)&英国式リフレクソロジー

おうちサロン FeeRire~フェリール~

 

馬込沢、そして船橋、さらに夢は大きく千葉県を代表するサロンに育つよう精進します♪♪

 

プリンセス・キャサリンの足にウオノメができた!

今朝、朝のワイドショーにて、デーブ・スペクター氏が報じていました。

 

「キャサリン姫の足に、最近、ウオノメができてしまったらしいんです。

 まぁ、ヒールも頻繁に履くので、大変ですよね。」

 

 

あぁ、そうなんだ。

キャサリン姫の足にウオノメができたのか。

ウオノメって足が地面につけなくなるほど痛いよね。

早く治るといいね。

 

 

以前の私なら、こんな感想を抱きながらワイドショーを見ていたと思います。

そして、「へ~、そうなんだ」くらいの軽い感じで、次にデーブ・スペクター氏が提供する話題に興味が移っていたことでしょう。

 

しかし、トウリーダーになった私は、今までの私と違います。

 

 

キャサリン姫がウオノメだって!

こりゃ、大変だ(´Д`)

早くメモを取らなきゃ!!

 

ブログネタ、ゲットだ~!! ←オイ(゜o゜) 笑

 

 

冗談はさておき…。

まずは、キャサリン姫が一日も早く治ることをお祈りいたします。

 

そして、今日はキャサリン姫の話題から、ウオノメについて話を広げていこうと思います。

 

 

ウオノメとは?

私がYahoo!で検索したところ、医学的にウオノメとは、

 

『足の裏や趾(ゆび)などにできる、直径5~7mm程の硬い皮膚病変であり、大人の足裏や足指にできやすいです。

何らかの理由で、足の一部に繰り返し異常な圧迫刺激が加わると、角質が厚く芯のようになり、真皮に向かって楔状に食い込んで行く場合があります。

こうしてできるのが、ウオノメです。

圧迫や歩行などに伴って、楔状に食い込んだ角質の芯が神経を圧迫して痛みを生じます』

(参照:公益社団法人 日本皮膚科学会

https://www.dermatol.or.jp/qa/qa23/q11.html

 

 

ということらしいです。

 

私自身、小学1年生の頃にできたことがありますが、痛くて痛くて、まともに歩くことができませんでした。

治療はあの【液体窒素でジュ~】でした。

治療後、液体窒素で焼かれたショックと痛みから、完全に足を地面につけなくなり、

「もう、歩けない~! うわ~ん(TдT)」

と大泣きすると、母がおんぶしてくれました。

 

体が大きかった私は、久しく母におんぶをしてもらえなかったので、嬉しくて嬉しくて、ずっとニヤニヤしていました。

今、思い返すと【ウオノメ=母のおんぶ】という嬉しかった思い出が私の中に残っています。

 

必ずしも【ウオノメ=悪】ではないですね。

 

 

ウオノメは、キャサリン姫に何を伝えたいのか?

先ほど、ウオノメができる原因として、

『足の一部に繰り返し異常な圧迫刺激が加わると、角質が厚く芯のようになり、真皮に向かって楔状に食い込んでいくと、ウオノメができる』

との検索結果を書きました。

 

では、次にトウリーダーとして、ウオノメを見ていきましょう。

 

トウリーディングでは、

『ウオノメにも、きちんとしたメッセージがある。』

と考えられています。

未成年の主張】のように、【ウオノメの主張】があるんですね。

 

 

キャサリン姫の場合、

【カミラ氏との嫁姑問題】

【イギリス王室の伝統と、それに対する反骨心】

等の話題が度々報道されます。

 

公務のことや、家庭のこと、子育てのことに始まり、

スカート丈や、髪型、靴のヒールの高さなど細かなことまでことごとく注意を受けている様子のキャサリン姫。

 

貴族出身ではないため、イギリス王室のこれまでのプリンセスと感性が違うのかもしれません。(良くも悪くも。)

 

実に350年ぶりとされる民間出身のキャサリン姫も、また、そのキャサリン姫を迎えた王室側も、きっと戸惑うことが多いでしょう。

 

f:id:toereading:20160413124816j:plain

 

キャサリン姫は、伝統を重んじる王室に一定の理解を示しつつも、

自分自身のアイデンティティ(自分自身のよりどころや、自分が自信を持っていること)を守ろうと、必死に戦っているのかもしれません。

 

 

ウオノメは、そんなキャサリン姫の心を表しているのでは?

 

というのが、トウリーダーとしての私の見解です。

 

実際にキャサリン姫にお会いしていないので、真相はわかりませんけどね。

また、ウオノメをきっかけに、幼い日の私のように何か素敵な思い出ができるかもしれません♡

もし、キャサリン姫にお会いされる予定の方がこのブログに目を通していらっしゃいましたら、人目のないところでコソっと聞いてみてくださいm(_ _)m

 

 

同じ民間出身の皇后美智子さま(商人の家柄)も、皇室の伝統との間で大変な御苦労と葛藤があったとお聞きしています。

もしかしたら、美智子さまにはキャサリン姫のお気持ちが手に取るようにわかるのかもしれませんね。

 

今日は、ウオノメとキャサリン姫のお話でした。

 

~あなたが本来のあなたの人生を歩めますように~

では、また次回。

 

**************************

東武アーバンパークライン船橋駅から8分。

馬込沢駅から徒歩8分。

 

トウリーディング&リフレクソロジーのおうちサロン

FeeRire ~フェリール~

代表:渡部 かおり

 

お問い合わせ

047-401-2940

 

電話は苦手という方は、メールでお問い合わせください♡

info.feerire@gmail.com